Avid基礎その2 Binデータ

AvidにはBinデータなるファイルが存在する。これは編集したシーケンスやマスタークリップ(メディアを呼び出すクリップ)が格納されたファイルです。

同じ名前のビンと表記されているが意味がまったく違うのがFinalcut。これに関してはただのフォルダであるのでFinder上で中身が見れます。

Avidのビンファイルは情報が格納されているファイルでAvidを立ち上げた後 ”ビンを開く”コマンドから該当ファイルを選ばなければならないのです。

具体的な使用例としてFinalcutのシーケンスデータをポスプロに渡したいとなった場合プロジェクトをそのまま渡すかシーケンスを入れたプロ ジェクトを作って渡すかになると思います。前者の場合プロジェクトの容量がおおきくなってしまいメールで送れる容量に収まらない事があります。

それに対してAvidでは新規ビンを作成したらその中にシーケンスをコピーしたものを入れてビンファイルだけをプロジェクトの中から出してきてメールしてあげればGood!です

Leave a Comment.

CAPTCHA