Avid基礎その3 新規シーケンスについて

Premiere,FCPを使ってからAvidを使う場合にビックリしてしまうことが、新規シーケンスを作成してもタイムラインが出てきません。

素材を新規シーケンスにオーバーライトして初めていつも見るタイムラインのようになります。

しかし『素材の後ろに空欄が欲しい』と言う方に作り方を説明すると…

  1. Photoshop等で作った黒マット(jpg,png,tga,tif)等を読み込みします。
  2. ビンを右クリック→インポートを選択して黒マット選択して読み込み後シーケンスに入れる。
  3. クリップメニューの中の先頭にフィラー(空の部分)を追加を選ぶ。
  4. 黒マットの前にフィラー(空の部分)が追加されなんちゃってタイムラインができると思います。

がしかし!なんちゃってを作るのも初めて触る方にはハードルが高い気がしてきました。なぜなら黒マットがPremiereやFCPのように簡単に出てこないからです。

Photoshopが触れない人にとってHDサイズの黒マットを作る事が難しいかもしれません。

その場合はPremiere,FCPをお持ちの方は静止画書き出ししてもらえると助かります。

その昔はサポートフォルダの中に白マットや黒マット等が入ってるディレクトリがあったような気がしたんですが…

 

Leave a Comment.

CAPTCHA