Avid基礎その5 トランスコードとは

Avid基礎その4 AMA(Avid Media Access)の続きも含めて。
トランスコードって何?

通常、ハイエンドなカメラ以外の収録では高圧縮コーデックを使って高画質収録を行う (例:AVCHD,H.264等)

高圧縮コーデックのAVCHDを例にあげると、Avidの場合はAMAで読み込み可能になる、Premiereだとメディアブラウザから読み込み可能です。

共に言えるのは高圧縮の為、再生するだけでCPUをかなり消費する。なぜならAVCHDは収録に特化したメディアだと言えるのではないでしょうか

そこで収録に特化したメディアから編集に特化したメディアに変換することをトランスコード(コーデックの変換)と言います。

Avidの場合はAMAリンクしたマスタークリップを右クリックしてトランスコードを選択するとHDの場合はDNxHDに変換しようとします。

DNxHDはAvidが開発した編集用のコーデックなので再生してカクツク事のないメディアが出来上がりますが、変換したメディアの容量をみるとAVCHDの時の約10倍に膨れ上がっています。

Avidでスムーズな編集をする為には、ファイルサイズが大きくなるのは仕方ないのが現状です。

 

Premiereに関して言えば、MercuryPlaybackEngineでグラフィックボードの力を借りて無理矢理リアルタイム再生させて編集するネイティブ編集ってのもできるようですが、

私自身AVCHD素材を変換せずに編集した事ないので、今度高性能なワークステーションでも触る機会があれば試しにやってみようかなと思います。

Leave a Comment.

CAPTCHA