Avid基礎その7 コンソリデートとは?

これまでの基礎での説明で、カード収録のカメラの素材(AVCHD,MP4)をAMAリンクしてトランスコードしてDNxHDにして快適な編集といったスムーズな流れができたと思います。

ちょっとここでXDCAMのような業務カメラの場合、Avidでどう扱うかを説明します。

まず言葉だけで説明すると『XDCAMをAMAリンクでAvidにマウントして、マウントされたクリップを選択してコンソリデートします。』

意味不明な言葉の連続と思われる方もいるかと思いますが、いままで通りAMAマウントをしてクリップを選択するところまで一緒です。

いつものトランスコードがコンソリデートになっただけです。

ではなぜコンソリデートなのでしょうか? 答えはXDCAMの収録されたファイル形式がMXFファイルだからです。

分かりやすく説明するとEOS Movieで撮影された収録ファイルはH.264のMP4でPCで見るとQuickTime形式のファイルになっていると思います。

Avid基本その0 Avidのプロジェクトファイルとメディアファイルの管理で書いた通りAvidの映像ファイルはMXFファイルになります。

QuickTimeとMXFは入れ物が違うのでトランスコードしてQuickTimeをMXFに変換してあげなければなりません。

しかしXDCAMの場合MXFファイルなので、MXFからMXFファイルに変換をしてあげる必要はないです。

なのでコンソリデート(入れ物そのままでコピー)をする訳です。コピーなのでトランスコードに比べると実行時間はとても早いです。

収録してきたSxS(エスバイエス)カードもしくはXDCAMディスクからパソコンへのコピーのようなものですから…

SxSカードリーダーに入れてAvidにマウントしてコンソリデート、XDCAMディスクリーダー SONY PDW-U2ドライブに入れてAvidにマウントしてコンソリデートといった感じで、

業者に頼む事なく自分の持ってるパソコンとカードリーダーとAvidがあるだけで撮影素材を編集できる素材にして、カードやディスクは再度収録に利用することができます。

 

Avidに出来上がったファイルのVideoの項目を見ると”XDCAM 50Mbits”や”XDCAM EX 35Mbits”になっています。DNxHDはと思う方もいるかもしれませんが

Avidは”XDCAM 50Mbits”や”XDCAM EX 35Mbits”をサポートしている為、何の問題もなく使用する事ができますしDNxHDが良いという場合はコンソリデートではなく

トランスコードをしてあげることでDNxHDにすることが可能です。

Leave a Comment.

CAPTCHA