Avid基礎その9 Avidでよく使う編集ツール ”コマンドパレットから”

これまでの基礎編を経て、いよいよ編集が始めれるところまで来たと思います。

編集する前に編集をし易い環境を整えたいのですが、私自身Avidで編集してると確実に使う項目と、一回も使った事がないではという機能もあります。

そんな中、私のよく使うものを今回紹介をしたいと思います。

まずはコマンドパレットから紹介します。コマンドパレットだけでよく使う9割を占めてます。

※黒くなっているアイコンは私的に全く使わないものです。使い方を聞かれてもわからないです。

【ムーブ編】

SS_Move

ムーブの項目の説明は見れば理解できると思うので割愛させていただきます。前、次の編集点へ移動は使いそうですが使いません。その代わりに巻き戻し、早送りを使います。

次の編集点へ移動と同じような動きをしますが、機能的に早巻き戻しの方が優れています。

 

【プレイ編】

SS_Play

ここも説明不要ですね、編集ソフトで有名なJKL(逆再生、一時停止、順再生)とインアウト再生が入っただけです。

 

【編集編】

SS_EDIT

編集編インアウト系、上書き、挿入、編集点追加、リフト、削除など絶対に使う機能ばかりです。リフトオーバーライトボタンを押すとシーケンス上のクリップを動かせます。

 

【トリム編】

SS_Trim

トリム編はこんな感じなのですがこのトリム編、かなり便利機能揃いなので詳細は別で記事にします。

 

【FX編】

SS_FX

フェードエフェクト系とレンダリングとグリッド表示、ステップイン/アウトはエフェクト項目で書きます。

 

【その他編】

SS_Other

ギャング、拡大、縮小はショートカットに入れるほどでもないかと思いますが必ず使います。

 

とりあえずここで紹介したものをキーボードショートカットに入れておくと便利です。

自分の使いやすいようにキーボードをカスタマイズしてみてください。

あっという間に編集が終わってしまうかもです。

Leave a Comment.

CAPTCHA