Avid基礎その25 AAF書き出し

オフライン編集が終わるとMA作業の為に音声データを書き出す必要があります。

MAへの受け渡しをするデータですが、AvidではAAFというデータを書き出してMAに渡します。

編集が完了したシーケンスがロードされている状態で、ファイルメニュー→エクスポートを選択してAAFを書き出す設定にします。

エクスポートのOptionボタンを押してAAFの設定にします。プリセットとして保存できるので一度設定したらプリセットとして保存し、毎回使う事で間違い防止にもつながります。

AAFの書き出し設定は以下のように設定します。

前後のりしろは必要だと思う分だけ付けておきましょう。この設定では1つの音声クリップに対して前後2秒ののりしろがつく設定にしています。

マークを使用はインアウト点を使用の意味で、アクティブトラックを使用はトラックがアクティブなものだけを書き出すので、シーケンス全体を書き出ししたい場合はチェックを外しても良いと思います。

AAF編集プロトコルはAAFの仕様で2GBまでしか書き出せないものを、チェックを入れる事で2GBを超えるAAFを書き出すことができますが、AAF編集プロトコルをオンにした場合、稀に書き出したAAFが読み込めなかったと言われることがあるようなので、2GBいかない場合はチェックを外しておく事をオススメします。

SS_AAF01

MAに渡す場合は“メディアをコンソリデート”“AAFに埋め込む”を選択する事で、書き出すファイルを1つにすることができます。渡された方もわかりやすいはずです。

 

これとは別に、EDLの代わりとしてAAFを書き出す事も可能です。この場合は編集したデータメディアを含めない“メディアにリンク(エクスポートなし)”を選択してシーケンス情報として受け渡すことが可能になります。

例えばDaVinci Resolveにシーケンス情報を書き出す、もしくは一部だけグレーディング用にシーケンス情報を書き出す、DaVinciでAvidMediaFilesにリンクすると言うような使い方もできます。

SS_AAF02

Leave a Comment.

CAPTCHA