Avid 便利機能06 テンキー

Avidに限らず編集ソフトはテンキー付きのキーボードを使って作業することがベストだと思っています。

なので、わたしはMacbookProを使っていますが編集作業する時はMacのUSキーボードを外付けして使用しています。

Home,End,PageUp,PageDown等、非常に便利です。

ここからがAvidだけの機能ですがシーケンスの今のタイムから5秒後に行きたい場合、テンキーで+500Enterを押す事で5秒後に進みます。

ここでさらにEnterだけをもう一回押してみると、なんとさらに5秒後に進みます。

これはなぜかというとAvidは前に入力した秒数をメモリーしてて、新たに秒数を打ち込まない限りずっと5秒プラスが反映されます。

トリム編集の時には使い方しだいでかなり便利に使う事ができます。

もうひとつおまけにPremiereでもFCPでも使えますが5秒後にするときに+500Enterで5秒後へ行けますが

+5.(ピリオド)Enterでも5秒後へ行けます。

.(ピリオド)は00を意味します!なので1…Enterとすれば01:00:00:00に移動するはずです。

慣れれば00と打つ事が面倒臭くなるほど使います。

Leave a Comment.

CAPTCHA