Avid MediaComposerからQuickTime書き出しの選択肢

今の映像業界的に「映像をQuickTimeで書き出して」と言うと、「じゃあProResで」と高確率で言われる気がする。

ProResは確かにMacをお使いであれば何も手を加えるとこなくMacにインストールされているQuickTimePlayerで再生できるとても便利なコーデックで私も使ってます。しかし問題が一つ。

Windows環境ではProRes書き出しができません。正確に言うとAppleとライセンス契約をしているソフトウェアはWindowsでもProRes書き出しができますが年単位で使用料を取られたりソフト自体が高額だったりするので個人ユーザーレベルで考えると現実的ではありません。

と言う訳でMac版のAvid MediaComposerはProResコーデックを使ってのQuickTimeを書き出せるアドバンテージがあります。

ではWindows版のAvid MediaComposerは何のコーデックで書き出せば良いのかとなります。

ProResのビットレートに似たもので考えられるコーデックをあげると

あたりかと思います。アニメーションコーデックもQuickTimeに元々入っている使い易いコーデックではありますがビットレートが高く、出来上がったファイルサイズを見るとびっくりします。

上記のコーデックで書き出した場合は、書き出したコーデックが再生するPCに入っていないと再生できないのが悩みの種です。

ファイルを渡す場合は、コーデックが入っているのを確認してから書き出しをする事をオススメします。

どうしても確認をとれない場合はアルファチャンネルの事も考えるとアニメーションで書き出すしかないかもしれません。

 

 

Leave a Comment.

CAPTCHA