Avid MediaComposer 8.3からLUTをあてれるようになったので試してみました

LUTをあてれるようになったAvid MediaComposer8.3ですが、実際どのようにLUTをあてるのかやってみました。

未熟者が手探り状態で検証してますので間違ってる事もあると思います。間違っているところがあればコメント頂けると助かります。検証したAvid MediaComposerはVer 8.3.1です。

検証の仕方としてはDaVinci ResolveでグレーディングしたもののLUTを作り、MediaComposerで元素材を読み込んだ後にDaVinciで書き出したLUTをあててみる。という流れでやってみます。

本来であれば同じ素材をAMAマウントして読み込みLUTをあてたかったのですが、あいにくWeb上に出せる素材を持ち合わせてないので素材はBlackmagic Forumのサンプル Shot3 (CinemaDNG)をダウンロードして使わせてもらいます。

ダウンロードしたCinemaDNGがMediaComposerで読み込めないので、MediaComposerでLUTをあてる素材として元素材を事前にDaVinci Resolveを使ってLog収録されたままの状態ProRes422に書き出したものを用意しました。

 

【LUTをDaVinci Resolveで作る】

まずはDaVinciで素材を読み込んで、CameraRAW項目からデコードに使用をクリップにしてカラースペースとガンマをBMD FilmにしてLog収録された状態にします。

SS_LUT01

SS_LUT02

ノードに3D LUT→Blackmagic Cinema Camera Film to Rec709を適応します。

試しにノードをもう一つ追加してゲインとカーブをちょっとだけいじりました。

SS_LUT03

画面中央にあるタイムラインのサムネイルを右クリックしてGenerate 3D LUT (.Cube)を選択してLUTを書き出します。

デスクトップにTEST_BMD_LUT.cubeと名前を付けて書き出しました。

SS_LUT04

これでDaVinciでLUTを作れたのでMediaComposerに切り替えます。

AMAリンクで素材を読み込んで、読み込んだクリップを右クリックしてソース設定を選択する。

SS_LUT06

ソース設定画面から“Color Management Setting…”を選択します。

SS_LUT07

“Select LUT file”からDaVinci Resolveで書き出したLUTを読み込む。

Install LUT

  • Projects→現在作業しているAvid Projectsフォルダの.avpの階層の中にLUTsフォルダを作り、読み込んだLUTをコピーする。
  • Shared→/Users/Shared/AvidMediaComposer/Shared LUTs の中にLUTをコピーします。
  • Both→上記の2つの両方にLUTをコピーします。(下図はBothでTEST_BMD_LUTを読み込んだ状態)

SS_LUT08

読み込まれたLUTを適用したいのでカラー転換の下のプルダウンメニューから読み込んだLUTを選び追加してください。

SS_LUT09

LUTを追加した状態。プレビュー画面もLUTが反映されたものになりました。これでApplyを押して適用させて終了です。

SS_LUT10

結果ですが左がDaVinciから書き出したpngをソースモニターに読み込んだ状態、右がAvidのシーケンスにオーバーライトした状態

SS_LUT11

波形モニターがないので何とも言えませんがAvidのLUT当てた方が若干、明るく緑がかっているように感じました。DaVinciの方が柔らかい印象です。

この若干の違いをどう考えるかは使う用途、人次第だと思います。

SONY F-55の4K RAW素材でもやってみましたが全く一緒とはいきませんが、やはり完全に一緒とはいきませんが近い印象でした。

 

ちなみにソース設定でLUTあてる方法以外にもエフェクト“Color LUT”であてる方法もあります。やり方は殆ど一緒なのでわかると思います。

SS_LUT12

 

 

 

 

Leave a Comment.

CAPTCHA