Avid MediaComposer8.3.1 新機能

Avidオンラインセミナーの最後に今後発表されるMediaComposer8.3.1のアップデートについて触れていました。

  • XAVC-I エクスポート(Sony XAVCプラグインv3.4を使用してMC ver.8.3でエクスポート可能になりました)
  • XAVC AMA再生時のパフォーマンスを改善
  • DNxHR OP1aエクスポート
  • DNxHR QuickTimeエクスポート
  • AMD/NVIDIA GPUサポート

とのことです。

DNxHR QuickTimeのエクスポートがサポートされればAdobe PremiereやAfterEffectsでもサポートされること間違いなしなのでAdobe CCのアップデートにも期待しています。

XAVC AMA再生時のパフォーマンスを改善はパフォーマンス向上する分には単純にうれしい事なのではないだろうか。

次にAMD/NVIDIA GPUサポートとはまた急に出てきたなという印象、MediaComposer8.3の推奨スペックがWindowsの場合、GPUがNVIDIA QadroK5300のはずなのだが、MediaComposer8.3でのGPU処理はどうなっていたのだろうか…

しかしGPUを生かした再生処理が向上されれば、MediaComposer8.3でDNxHRを再生するよりもMediaComposer8.3.1で再生した方がパフォーマンス向上するのだとすれば良い事かな

詳しく聞ける機会があれば聞いてみたいところです。

さてこのアップデートでわたくしの一番の疑問がDNxHR OP1aエクスポート。いったい何に使うと言うのでしょうか。

エクスポートしてもAvidで読み込む場合、AMAするしかないのではないか…

ちなみにDaVinci Resolveではいち早くDNxHRの読み書きに対応していて、OP1-AtomでもOP1aのどちらでもDNxHR書き出せます。

なので試しにOP1aで書き出してみたがAvid MediaFilesに入れても認識せず、AMAリンクで読み込みしてもなぜかリンクはするが、うまく表示されない始末…

OP1-Atomで書き出したDNxHRはAvid MediaFilesに入れて何の問題もなく認識してくれました。

わたくしのような凡人にはDNxHR OP1aエクスポートが何に使えるのかがピンときません。

なにか良い使い方があればご教授願います。

Leave a Comment.

CAPTCHA