Avidの困ったところ03 エフェクトパラメータの日本語部分が全てN/Aになる

3Dワープやピクチャ-イン-ピクチャのパラメータ表示がN/Aとなってしまい何のパラメーターを触っているのかわからない。

3DワープのパラメータがN/A表示になってしまった(Mac)。原因としては上記のリンク先にもあるようにSonyのXDCAM AMAプラグイン(PDZK-MA2_v3.x_mac)の影響によるもののようです。

 Macだけの現象です。

AMAプラグインv3.30以上のものをインストールすると、MacでのみN/A 表示になってしまうそうです。解決策としては、インターフェースを英語GUIに変更するかSony-XDCAM-AMAプラグインをv3.22に下げるとなっていますが、MediaComposer8.3に対応したXAVC/XDCAM Plug-in for Avid 3.40 Updateがリリースされましたが、またこの状況が再発しています。

XAVC/XDCAM Plug-in for Avid 3.40 Update

Avid Media Composer v8.3に対応しました。
XAVC HD Long GOP exportに対応しました。
XAVC-Intra 4K exportに対応しました。
XAVC 4K Long GOP importに対応しました。

さすがにこれだけのアップデートをしたバージョンからわざわざバージョンを下げるとなると、4K XVACのAMAマウントが出来ない等、致命的な部分があり検証作業が出来なくなってしまいます。

なるべく早く対応してもらえると本当に助かります。お願いします。

Avidの困ったところ01 編集中にエラーが出て再生できなくなる

ソフトウェアなので仕方のないことだとは思いますが、再生するたびにエラーメッセージが出てきてまともに再生ができなくなる場合があります。

Avidの場合、わたしの経験上再生できないシーケンス以外のシーケンスを読み込んで再生できた場合、もしくはエラーが出ない場合はエラーが出たシーケンスの何かのメディアが壊れている可能性があります。

厄介なもの順に書くと

  1. 取り込みや変換したメディアファイルそのものが何らかの原因で壊れてしまった。
  2. 取り込みや変換したメディアファイルの一部が何らかの原因で壊れてしまった。
  3. レンダリングをした際の、レンダリングファイルが壊れてしまった。
  4. メディアオフラインのクリップがある場合はそれが悪さをしている。

経験上で言うと3が一番多い気がします。

厄介なものランキング3位ではありますが壊れているポイントさえ分かってしまえば、該当箇所のレンダリングをかけ直すか、レンダリングファイルを外す(同じエフェクトをかけ直す)等しての対応で問題は解決されると思います。

該当箇所を探すのが大変だけど時間はある!という方はシーケンスを複製してもらってインアウト間のレンダリング消去をして、再生が可能になったら再度レンダリングをしてください。

インアウト間のレンダリング消去

1と2に関しては取り込み、変換し直しする事が長い目で見ると一番良いのかなと思います。

4に関してはメディアオフラインファイルは特殊な使い方の時以外、基本必要ないと思うので外してください。再生するようになったと思います。

 

これらに該当しない場合はPC再起動してみてください。案外直ってたりします。