3/6 Blackmagicdesignセミナーに行ってきました

Creators show と題されたイベントだったのでDaVinciを使ったグレーディング事例や4Kワークフローや4K 60Pの事などを聞ければと楽しみにしてましたが、

わたしの思った内容とは少し違った感じでした。しかし大変勉強になったイベントであることには違いありませんでした。

その中でBlackmagic Designから発売されているCinemaCameraが非常に興味が湧いたのですが、映像素子がフルセンサーではないので35mm換算だと

  • Production Camara4K の場合はスーパー35mm換算なので   x1.6倍
  • Cinema Camera 2.5Kモデルの場合は x2.3倍
  • Pocket Cinema Cameraの場合は   x3倍

といった感じになるそうです。望遠を撮りたい時は非常にメリットのあることですが、広角で撮りたい時はいったい何mmを使えば良いのやら…

カメラ素人のわたしには想像がつきません。

とりあえずPocket Cinema Cameraがお値段的にもお手頃なのでエントリー機としては良いのかと思いました。Pocket Cinema Cameraのセール告知も最後してましたし!

しかし去年の夏頃にPocket Cinema Camera半額キャンペーンのパンチに比べてしまって、今の価格で購入するのは悔しいので買いません。

発表から、まる2年経とうとしているのも考えるとNAB2015でNewモデルがでるのかと期待をしてしまいます。

あと本日マップカメラ新宿店でPocket Cinema Cameraが69800円で販売されてました。この価格が上記のセール告知と因果関係があるかどうかはわかりませんが。

余談ですがBlackmagic URSAカメラですが、アーサーって読むんですね。勉強になります。