DaVinci ResolveからAvid MediaComposerへのラウンドトリップ

DaVinci ResolveからAvid MediaComposerへのラウンドトリップの記事を見ていたら「そうするんだ」という箇所があった。

それはAvid MediaComposerへのDNxHR、もしくはDNxHDの書き出し方法が意外だったのです。

Avidの仕様を考えれば意外でも何でもない事なのですが、私はこれをしてなかったので…

Avid MediaComposerは仕様上、HDDの直下にAvid MediaFiles/MXF/1のフォルダを作り、そのフォルダの中にメディアファイルを入れていく。

SS_AMF

つまり、Avid MediaFiles/MXF/1のフォルダの中に入ってるものを読み込みしている。

なのでDaVinci ResolveからAvid MediaComposerへのラウンドトリップする際の書き出し先フォルダは、Avid MediaFiles/MXF/1のフォルダの中に対してエクスポートをするのが一般的だそうです。

 

わたしはデスクトップ等の任意の場所にエクスポートして書き出されたMXFファイルをこのAvid MediaFiles/MXF/1のフォルダに自分で入れていました。

結果は全く同じです。

どちらの方法でもmsmMMOB.mdbというAvid Database Fileが更新され素材の読み込みが可能になります。

あとはDaVinciから書き出したAAFをインポートすればマスタークリップとシーケンスが出てきますので自動的にリンクされるはずです。

 

ラウンドトリップする時に書き出し先を間違えた場合は焦らず、書き出したMXFすべてをAvid MediaFiles/MXF/1フォルダの中に入れてやれば読み込みできるのでご安心を。

再度書き出しなんて事はどんなに時間が有り余っていてもありえませんね。

 

 

Leave a Comment.

CAPTCHA