FinalcutPro7をなかなか捨てられない…

FinalcutPro7での編集から、Premiere編集に移行し全く使わなくなったが、なんだかんだ言って変換用途としては未だに使い続けている。

“Premiere CC2014の疑問03 結局Premiereで使いやすいコーデックって何?”でも書いた通りAVCHD等は変換をしてしまっているのです。

EOS Movie,AVCHD,AVC-Intra等場合、FCPの切り出しと転送は非常に楽な操作でQuickTimeになるので使い続けるてしまう理由の一つだ。

更に言うと“Premiere CC2014の疑問01 AAFの書き出し設定”の通りAAFの機能面がPremiereでは良くないのでAvidにシーケンスを書き出す際は

PremiereからFCP XMLを書き出してFCPで読み込んだXMLをAutomaticDuckPro ExporterでAAFに書き出ししてAvidに読み込んでいる。

面倒だけどAvidに渡す場合はこれしか方法がなさそうな気がします。

やはりAutomatic Duckが便利過ぎるのも捨てられない要因です。

Adobeに買収されたんだったか詳細忘れましたが、現在は無料でダウンロードできますのでFinalcutPro7現役ですって方は入れておいて間違いなし!No.1プラグインです。

特にPro ExportはAvidだけじゃなくProtoolsに出す時にも便利だったりします。FCPでOMF出すと、出したFCPですら読み込みできないOMFを吐き出すので

確認がProtoolsがないとできないです。確認したい時はPro Exportで書き出して、Pro Importを使って読み込みして確認できます。

http://www.automaticduck.com/products/

Leave a Comment.

CAPTCHA